深見邸 東立面図

室町通に面する深見家は、表の店舗部分と奥の居住部分とを別棟とし、玄関棟でつないだ「オモテヤ造り」の町家で、表のむしこ窓や格子がよく保たれている。蛤御門の変に罹災後再建、座敷部分はさらに明治二十年代に改築されたという。
奥庭に面する座敷には半間の縁が走り、その北側から渡り廊下で離座敷(仏間兼茶室)につづいている。この奥庭は座敷にとっての庭であると同時に、露路の役割もはたしている。
座敷は角柱で長押(なげし)をうちめぐらしている。床は間口約七尺ほどで、匙面を取った床柱を立て、床框(とこがまち)は木地縁としている。
間口の広い床脇には、右の方へ寄せて地袋をもうけ、その上方に少し長く天袋をつくり付けている。
地袋の左端立付に栗ナグりを立てているのも目を惹く。床脇の余日と、ほどよい犬潜りとが、この座敷にゆったりとした風格を加えている。床の上にも長押を付けたのは異色な手法として注目されるが、次の間境の長押と食い違いに床脇の長押が取り付けられている関係から、そうせざるをえなくなったのであろう。
ここでは床脇も内法(うちのり)と同高に無目(むめ:溝のない鴨居)だけを取り付ければ通例の構成にまとめられたはずである。こうしたやや煩雑な構成も、棟梁の苦心の表われである。次の間との境には、踊桐を透かした欄間を取り付け、襖には銀盛上げの千家桐を配しており、格調高い茶趣もただよわせている。

          ・・・・・・駸々堂出版発行「京の座敷」深見邸より引用


1階平面図






方位図面 2階平面図


床の間

広間


1階平面図(部分拡大)




深見邸は、京都の格調高い町家としてその長い歴史に幕を閉じます。
今新しく生まれ変わるために、丁寧に解体された後、その主要な部材は静かに保管されています。
京町家の持つ木の香りと風情、歴史を次代の建物に継承しながら、そして新しい息吹を兼ね備えていくために、安井杢工務店は新しいオーナー(パートナー)を探しています。






皆様のお店づくりに個性を生み出すための、建築モデルを数例ご紹介させていただきます。

左側に増築した建物で、円柱のあるもの
■町家 PLAN-1
  町家に近代建築のエッセンスをプラス


ガラス張りの壁面からは太陽光が燦燦と差し込み、町家の内部にも明るく照らします。
この建物の提案は、和と洋の融合を商いするような店舗です。
たとえば、和の家具と北欧の家具の組み合わせたような店、あるいは和をアレンジした着物スタイルと洋のファッショナプルスタイルの組み合わせたような店等々。2面性を生かした新しい商いができそうです。




左側に増築した建物で、ドームのあるもの
■町家 PLAN-2
  京都の夏祭り、祇園祭りの月鉾をイメージしたデザインです


提案としては、ギャラリー併設のランチのおいしいカフェなんかはいかがでしょうか。
中庭部分はオープンエアとし、ガラス張りの増築部分ではホームメイドケーキの販売をします。
町家の建物では、多面的な使い方ができるギャラリーとして、個展やテーマ展示等々の利用が考えられ、ビルの1室では味わえないような演出が可能です。またランチスタイルではパスタの店なんかが意外性があっておもしろいのではないでしょうか。




2階増築の建物
■町家 PLAN-3
  虫籠窓を模した明かり窓を配置し、町家に新しい感性を移植したデザイン


周辺に林立するマンションビルに威圧されない堂々とした外観にしています。
ワインと地酒をおいしく飲めるダイニングバーに向いているかもしれません。
天井を高くし 吹き抜けにした壁面―杯にお酒を並べて1つの見せ場にします。中庭部分をオープンスペースとして利用すれば、インドア・アウトドアの新しいダイニングバーの演出も可能です。





HOME
Copyright© 2000-2007 Yasuimoku Komuten Co.,Ltd. All Rights Reserved.